タイムカードのIT化が進んでいること

タイムカードといえば、出社したときや帰宅する際に小さな機械に紙でできた出退勤の管理カードを入れて、それぞれの時刻を印字してもらうものです。

それによって給与計算の担当者は勤務時間、残業時間、休日管理をおこないます。


労働管理のベースになるものです。



基本的には機械が印字するので公平性がありますが、社員の中には印字し忘れをおこなう人もいて、その場合には実際に出社した時間を本人の申告以外に、誰か他の人からの証言を得たりして公平性を保ちます。

そのためタイムカードの近くには印字忘れをしないようなポスターや注意書きが掲載されていることが多く、また同じような時間に出社する人がタイムカードの前に列をなすので忘れる人は少ないですが、そのような状況にない人が特に忘れやすい傾向にあります。



このような仕組みも最近ではIT化が進み、現在は社員一人にパソコンが一台あたる環境である会社も多いため、そのパソコンの電源を入れたときに自動的に出社時間がカウントされるというところもあります。


そして日中は電源を入れたままにしておき、退社する際にパソコンの電源を落とした際に退社の時間がカウントされます。

OKWaveの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

これで特にタイムカードを意識することなく時間をカウントすることができます。またパソコンを立ち上げたときに最初に出てくる画面がタイムカードの画面で、パソコン上にある出社ボタンを押すことで時間がカウントされるところもあり、最近では紙ベースでのやりとりは少なくなっています。