勤怠管理の選び方を考える

勤怠での管理は会社にとってとても大切なことのひとつでもあります。単純に出勤時間が分かればそれでいいわけではありません。

休日は取っているのか、残業はどのくらい行われているのか、こういったことをタイムカードで調べるといっても、かなり時間と労力を奪われてしまいます。

勤怠管理とはこれらの無駄を無くし、スムーズにすることができるので、このシステムを導入されることが増えています。

またそのメリットとして他に挙げられることは、出勤管理は基本となりますが、タイムカードだけに留まらず、ICカード、生体認証、Web、携帯などあらゆることに認証を行わせることが可能となっています。



これらと連携することは管理をするにも便利であり、また有給や代休や残業なども簡単に行えることにもなります。



勤怠管理システムを選ぶとき何に注意するべきか?便利だからこそ選ばれるわけですが、導入前に知ることでさらに便利になるかと思います。まずパッケージ型などもありますが、レンタルするものもあり、レンタルの場合ですと即日から利用することが可能となっています。

GIRL'S TALK - Amebaに関する情報です。

例えば複数の事業をされている場合なら、このクラウド型レンタルで一括管理などをすると便利化と思われます。

またクラウド型だと使用する人数で金額が異なってくるので、事業規模を踏まえてどちらが存しないのかを計算してから選ぶのも良いかもしれません。パッケージ型は勤怠管理を初めから購入する必要があり、カスタマイズなども自由で費用が掛からないなどの利点がありますが、セキュリティなどは自社で行わなければいけないので、どちらを選ぶべきか注意が必要となります。