小学生留学は発音を身に付けられる

小学生留学のメリットは、英語の発音を確実に身に付けられることです。

小学生のうちは、脳の働きが柔軟なので、英語の発音を大人にくらべて覚えやすいです。英語の発音は、英語の勉強の一番の土台です。これがしっかりしていないと、いくら勉強をしても英語力は伸びません。英語力の土台を固められる良さが、小学生留学にはあります。日本では受験英語が幅を利かせているので、発音は重視されない傾向にあります。しかし、英語の発音がきちんとできなければ、英語の単語を覚えることができません。英語の場合は、綴りと発音が異なっているというやっかいな点があります。

そのため発音して、音とスペルを対応させながら覚えないと、英単語は覚えにくくなります。この難しさを解消できるのが、小学生留学のメリットの一つです。他にもメリットはあります。それも発音と関係があります。英語はきちんと発音できれば、聞き取れるようになります。英語の聞き取りも日本人が苦手にしているものです。

TOEICなどを受けてもリスニングのパートの点数が上がらないので、総合点が低くなります。小学生のうちから外国で暮らしていれば、リスニングの能力は飛躍的にアップします。まず自分が発音できる点が大きいです。それから英語が24時間使われている環境の中に身を置くことになるので、どんな子供でもリスニングは上達します。強制的に勉強させられるのではなく、自然に身に付けられるのは大きなメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *