自然豊かな田舎で子供を学ばせるための小学生留学

都会で暮らす人の中には、ストレスのない自然豊かな田舎で子供をのびのびと育てたいと考える方が少なくありません。

しかし、家族そろっての田舎への移住は、田舎で収入を得る手段が無いため、そう簡単な事ではありません。そんな相反の中で、子供を自然豊かな田舎で学ばせる手段として田舎への小学生留学と言うのがあります。都会人は子供を田舎で学ばせたいと言う想いがあり、一方で田舎の学校では児童を確保できなければ、廃校になると言った課題があり、少しでも外部から児童を受け入れてでも、学校の存続を図りたいと言う想いを持っています。

こうした両者の願いを実現する方法として、小学生をその地区の家庭で受入れ、里親として児童を育て、田舎の小学校へ通わせると言う小学生留学が行われているのです。小学生が親元を離れて暮らす寂しさよりも、自然豊かな田舎で学び、のびのび暮らす事の方を選択すれば、こうした小学生留学で、それが実現できるのです。

小学生留学を積極的に受け入れている田舎では、すでに先に留学している先輩が居る事で、新たに留学を行う児童も馴染みやすさがあるのです。自然豊かな田舎で暮らしたいと言う想いの他、都会でいじめに合い、いじめなどと無縁の小さな小学校で学ばせるケースもある様です。最初は、いじめ回避と言う動機であっても、留学を経験するとそれ以上に自然の中で人間的にも大きく、おおらかになると言ったメリットがある事で、親も子供も小学生留学して本当に良かったと思う事が多いものなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *