海外へ留学する前に国内で確認すべき英会話能力

国際社会で活躍することができるような英会話の能力を身につけるために留学をするというのは賢い考え方ですが、その前に自分の英会話能力がどの程度であるのかということを考えることが賢明です。

語学留学を行う際には行き先で英語による授業を受けることになり、その講義内容を理解したり、ディスカッションやマンツーマン指導で話をすることができる程度の英会話能力が身についていないとその期間を無駄に過ごしてしまうことになりかねません。日本語は全く通じない世界に身をおくことになるため、必死に英語で意思疎通をしようと頑張れるでしょう。しかし、それで意思を伝えられる程度の英語の基礎ができていないと留学の意味が半減してしまいます。

そういった視点から、海外に出る前に国内である程度の英会話をするかどうかというのを確認しておくことは有用なアイディアです。駅前留学が流行していますが、それを自分の実力を図るための手段として用いるのは賢い考え方でしょう。

実際に日本語を話さないという制約のもとで意思疎通をすることを実勢してみて、たとえ正しい英語を話していなかったとしても考えている事を伝えられるかどうかを確認しておくことができます。そして、もしそれができないのであればまずは留学を諦めて語彙や語法について学ぶことが先決になります。そういった判断基準を得るために国内で自分の実力を測ってみると失敗のない海外進出ができるようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *