英会話を身につけるために留学先でやるべきこと

英会話を身につけるために日本でどれだけ勉強しても、外国人のようにスラスラと話せるようにはならないでしょう。

日本では、英単語や熟語の暗記、文法の理解などに力を入れているため、読み書きはできるようになりますが、話すことに十分な力を注いでいないため、英会話は取得できません。だから日本ではなく、海外へ留学することがオススメになります。留学先で勉強し、英語を使って日常生活を送ることで、日本語同様に英語を扱えるようになります。長期間生活するため、英語でコミュニケーションを取らなければなりません。

ここで消極的になり、話すことに抵抗を持ってしまうと、生活することも英会話取得も困難となるので注意です。間違えたとしても、失敗する恐れがあったとしても、英語でコミュニケーションを取ろうとし、英会話に対する抵抗をなくしましょう。積極的にコミュニケーションを取れるようになれば、少しずつ英語の使い方や話し方を覚えていきます。この経験を積むことで自信を持てるようになり、意味のある留学となります。

ここで避けるべきことは、留学先で英語を話さないことです。一緒に留学する仲間、あるいは現地の日本語を話せる人に通訳をお願いしては意味がないので注意しましょう。また、スマートフォンアプリの翻訳機能に頼らないようにし、自分の力のみで訳をすることが大切です。会話内容が分からない場合は、何度の聞き返し、簡単な単語を使って書くにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *