留学中どこに住むのが効果的?

語学留学で海外に渡った場合、どこに住むのが一番安心で効果的でしょうか。

初めての海外生活、言葉をはじめ慣れないことが多い中、住居選びは大きなポイントになるとも言えます。ホームステイ、学生寮、ルームシェア、一人暮らしと方法は様々ですが、中でもおすすめなのが学生寮です。まず、大抵の学生寮は学校からアクセスしやすい場所に位置している為、通学に苦労することは少ないです。また学生寮を選ぶときのポイントは、日本人が少なく、現地の学生が多く入居している寮です。

日本人が多いと、知らず知らずの内に日本人同士でグループになってしまい、せっかくの生の語学を学ぶ機会が少なくなってしまいます。もちろん日本人同士で留学の悩みを相談し合うこと等、モチベーションを上げる為に大切だとは思いますが、現地の学生と一緒に過ごす時間が多ければ必然的に外国語を学ぶ時間も増えるのです。また、他国から留学に来た学生と知り合えば、一緒に語学の勉強をしていくことも可能です。言葉がわからないからどうやって近づけばいいかわからないという人もいるでしょう。そんな時は、是非学生寮の共有スペース(食堂や娯楽スペース等)に足を運んでみてください。

一緒に食事をとる、テレビを見るなどの機会を通して、距離も近づきやすくなります。言葉が流暢でなくても、自分の考えていることを話してどんどん興味を持ってもらえば、学校で教えてくれない若者言葉や言い回しを習得することができます。机上での勉強だけで語学を伸ばすことは難しいです。学生寮に住むことで、語学をはじめ異文化や新しい仲間とたくさん知り合える機会を得ることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *