旅行との違いから見た海外留学に必要な持参物

海外留学は海外旅行と異なる点があります。

それは生活と授業が発生する点です。そのために周囲とのコミュニケーションの頻度は増え、生活上の家事が発生します。旅行では外食中心であった食生活も、留学ではホームステイや寮の食事が大部分となり、自分で作ることも必要になります。荷物を増やさないために衣類の洗濯を頻繁にするtことになります。

留学中は、一日中自由な時間がある訳ではなく、現地調達をするための買物時間も限られてきます。郷に入れば郷に従いたい所ですが、女性には不可欠な化粧品や生理用品なども使い慣れた物の方が不快感を残さずに済みます。整理すれば、コミュニケーション、家事、医薬品や化粧品の3つです。コミュニケーション上必要なのは電子辞書です。

緊急時の日本とのコンタクト手段にもなるスマホも必要です。家事面では、自分の一日の生活を振り返れば良いでしょう。起床時の目覚まし時計、朝食を作る調理用具、洗濯ネットも含めた洗濯用具、衣類、タオル、洗面用具、ノートパソコン、電源、パジャマなどです。不要な物や代用できる物を削れば、リストは完成します。

注意したい点は2つです。電化製品は国内製品は壊れにくく優秀である点と海外で購入する衣類は大きめのサイズが多い点です。頻繁に使う小型の電化製品と下着や水着などの肌に密着する衣類は持参していく方が良いでしょう。最後に、医薬品や化粧品類です。海外で購入することもできますが、使い慣れた物の方が安心です。予備のコンタクトレンズ・レンズ洗浄液やボディータオルなどの洗面用具は忘れがちなので注意しよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *