短期海外留学のメリット

滞在期間により長期と短期の海外留学があります。

数週間から数か月程度の短期留学期間であれば費用を抑えられることや生活の大きな変化もなく留学生活を送ることができます。社会的にも経済的にも負担のかからない方法です。初心者向けに旅行を兼ねたツアーがある旅行会社もあります。現地で生活することでその土地の語学を使用しなければいけないので語学力が身につくことがメリットですが短期期間であると効果が出る前に留学の期間が終了するというデメリットもあります。

レベルの高い語学力を身につけるためには長期の期間がおすすめですが期間が長くなれば費用もかかり経済的な負担もあり長期休暇をとることが難しいこともあります。はじめての場合は予算や都合にあわせ短期がおすすめです。無理をせずに自分に合う滞在期間や渡航先をみつけていくことがよいでしょう。滞在先により費用も異なります。一般的な滞在法としてホームステイ、学生寮、現地のアパートなどがあります。

それぞれの滞在方法により良し悪しがあるので自分に適した滞在法を見つけることが大切です。一般家庭に滞在するホームステイはホストファミリーの家で滞在するために現地の日常生活を体験することができます。海外での生活に慣れることができ初心者にはおすすめの滞在法です。

学生寮は学校の近くなので通学の負担もなく学生同士のコミュニケーションも取りやすいことです。現地のアパートで滞在するのは自分のペースで生活できることがメリットですがすべて自分でしなければいけないので海外生活に慣れている人向きです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *