共通語のシステムからわかるカナダ留学のメリット

カナダでは共通語として英語とフランス語が設定されていて、どちらかを母国語として教育を受けてきた過程で必ず他方の言語を学習しています。

英語を母国語としてフランス語を日常生活ができるレベル以上に学んだり、逆にフランス語を母国語として英語を身につけたりした経験を誰もが持っているのがカナダの特徴です。その影響を受けて、語学学校での教育にも英語しか話さない国の教育とは違う麺があります。カナダ留学に行くとアメリカ留学やイギリス留学に比べて英語力が伸びたと言う人も少なくありません。特に初級者から中級者程度のレベルの人に多い感想であり、これが共通語のシステムに由来しているのです。

カナダの語学学校の講師は必ず他国語の勉強の経験があります。中にはフランス語を母国語として英語を学び、語学学校の講師となった人もいるのです。そのため、外国語として英語を学ぶ際の注意点をよく理解しているため、英語力に伸び悩んでいる生徒の問題点を発見してわかりやすく指摘する力に長けています。特に初級者から中級者レベルではもう少し英語力を伸ばしたいのに殻を破れずにいる人が多いため、その問題点が見つかって飛躍的に英語力が伸びることがよくあるのです。

カナダ留学をするメリットは全ての人が外国語の習得経験があり、英語を外国語として学んだ人も講師になっていることでしょう。英語力が伸びずに困っているのなら、まずはカナダ留学をして問題を指摘してもらうのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *