留学するための資格とは

最近、留学は多くの人ができるようになりました。

しかし、より効率的に海外で学ぼうと思う場合は、やはりそれにふさわしい資格が必要である場合があります。自費で留学する場合は、特に資格は必要ありません。例えその国の言葉が片言程度しか話せなくても、現地の語学学校には初心者専用のコースが用意されている場合もあるためです。しかし、大学を通して留学を希望する場合は、誰でも行けるというわけではありません。

例えば交換留学の場合は、自分の大学を代表して行くのですから、それなりの成績が必要です。成績の基準は厳密に決められているわけではありませんが、希望者の中からGPSが高い順に希望を通されることが多いようです。また、語学力も当然必要となってきます。大学生の場合は、英語の場合は実用英語技能検定で2級、大学院生の場合は準1級が必要とされることが多いです。これはどの試験で何級以上に合格すればよいと、その大学ごとに決められている場合が多いです。

フランス語やドイツ語も同様です。また、例えその試験を受ける機会を逃してしまったとしても、担当教授と相談することでそのレベルの語学力があるということを認めてもらえる可能性もあります。このように、大学を通して留学をする場合は、大学の成績や語学力の面で資格が必要であると言えます。いずれの場合も、まずは海外で学ぼうという意志を持った段階でそれについてよく調べ、家族や教授に相談することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *