カナダの場合、留学の仕方だってひとつじゃない!

カナダはまだ留学が現在ほど盛んに行われていなかった頃から、英語を学ぶための治安が良い外国の筆頭として、挙げられていましたが最近では英語の習得以外でもさまざまな目的で滞在する人が増えています。

そのひとつに保育留学があります。カナダは幼児教育が進んでいることでも有名なため、日本で保育士の免許を持っているという女性がカナダに保育留学して、幼児教育のメソッドを勉強し、帰国してキャリアに役立てたり、中には保育士の免許を書き換えてそのまま現地の幼稚園で働き始めるというケ-スもあります。

また、カナダは親子留学もできるということで有名です。こちらは親が昼間に語学学校に通っている間、一緒に来た子供は現地の幼稚園に通うというプランになります。親は英語のブラッシュアップが望め、子供が生の英語を遊びながら聞く機会に恵まれるという一石二鳥のプランです。子供を国際人に育てたいのならば、短期間のプランもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

その他にもワーキングホリデ-という方法もあります。治安が良いというのは大きなポイントであるということは間違いありません。カナダには実に300校以上の語学学校があると言われています。自分の目的にあった学校をしっかりと吟味して選ぶことが、留学を成功させるためのカギとなります。時期や期間、かかる費用などを踏まえたうえで、できるだけ多くの情報を収集して、最適なプランを選ぶようにしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *