留学先として非常に人気のある国カナダ

カナダは英語とフランス語が公用語の国ですがもちろんメインとなるのは英語であり、なまりのないきれいな発音でもあることから日本をはじめ多くの非英語圏の国から留学してくる学生が多いのです。

そして語学を学ぶには自分のレベルに合ったクラス、授業を選択することが重要ですが、カナダではそのような語学習得システムが非常に成熟しており、初心者が日常生活できるようになるものから専門的な学問や仕事を将来の夢として持っている方向けのハイレベルなものまで、自由に選ぶことができるのです。大学も多くそのどれもが教育水準が高いので英語だけでなく様々な学問を学ぶため留学先に選ばれているのも特徴ですし、海外から初めて訪れる方を受け入れるような体制というのが官民問わず充実しているのも知られています。

それに関しては学問の場だけでなく国全体の傾向でもあり、学生だけでなく多くの移民が定住先として選んでいるのです。実際トロントなどでは住民の約半数が移民とも言われていますし、彼らの多くがそのままカナダで一生を過ごすほどなのです。観光資源が多く治安も良い点はつとに知られ、これはやはり海外留学先として選ばれるのもうなずけます。

強いて問題をあげると留学先として人気があるとその分同じ母国の人々も多く見かけることになりますので、ついつい母国語で話せる方たちとのみ交流を深めてしまいがちです。しかしカナダは特に多様性の高さや他者を受け入れるのに寛容な国でもありますから、勇気を出してどんどんルーツや育った文化の違う人々とコミュニケーションをとっていくと、語学だけでなく国際コミュニケーション能力が高めることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *